ヨーグルトの中の乳酸菌の量に上限がある理由

ヨーグルトの中の乳酸菌の量に上限がある理由

加減が重要という言葉は、多くの物事に対して成り立つと思います。ヨーグルトなどもその1つですね。

 

ご存知の通りヨーグルトの中には、非常に多くの乳酸菌が含まれています。最近は、ちょっとお腹に届きやすい乳酸菌が含まれているヨーグルトも多いですね。しかしあの中に含まれている乳酸菌は、実は制限されているそうです。

 

ヨーグルトの中に入れることができる乳酸菌には限りがある

 

例えばあるヨーグルトに配合をする事ができる乳酸菌の量が、1億と決まっているとしましょう。ちなみにそれは、様々なヨーグルトの製品を管理している機関によってルール設定されます。

 

そのようなルールになっている時には、ヨーグルトを作っているメーカー側としては、1億以上の乳酸菌を用いる事はできません。ですので2億や3億などの乳酸菌を含めてしまいますと、ちょっとルール違反で大変な事になってしまうでしょう。

 

過剰摂取は危険なのでヨーグルト内の乳酸菌の量には限りがある

 

115992ではなぜそのようなルールになっているかというと、察するに加減が大切だと考えられているからではないでしょうか。

 

そもそも人間のお腹というのは、あまり多くの物を摂取するのは良くありません。例えば塩ですね。それは私たちにとって必要不可欠なものではありますが、あまり大量に摂取すると大変な事になってしまいます。一歩間違うと大変な病気になってしまう可能性もありますね。もちろん塩だけでなく、砂糖や油なども過剰摂取は禁物ですね。

 

乳酸菌もそれは同じです。確かに人間の体には、ある程度の乳酸菌は必要なのですが、上記の塩と同じであまり多すぎても良くないのですね。ですので食品の管轄をしている機関としても、上記のようなルールを決めているのだと思います。